【副業】「WEEK(百戦錬磨)」は詐欺?稼げる?「合同会社Holic」は怪しい?概要や口コミ・評判を徹底チェック!

副業
皆さんこんにちは!長野です!

WEEK(百戦錬磨)は毎週10万円が稼げるような競馬予想ツールとしてオファーされていますが、とても稼げるようなものではありません。口コミや評判、その他LPなどをみる限り危険性の高い内容となっているため、十分にご注意ください。本記事では、WEEK(百戦錬磨)の怪しげな点やLINEでの案内などをまとめています。今後同様のサービスに騙されないためにも、ぜひご参考にしてみてください。

WEEK(百戦錬磨)は怪しげな競馬予想ツール

WEEK(百戦錬磨)を調査した結果、競馬予想ツールであることが判明しました。しかしその内容はかなり怪しげなものであり、ツールの仕組みなどについてはいっさい明記されていません。

具体性に欠ける状態で「毎週末10万円が稼げる」と謳っているコチラのサービスですが、詐欺など悪質な案件である可能性が非常に高いです。ツール代、参加費などといった名目で最終的に高額な費用を請求してくる恐れも十分にあるため、利用は控えた方が良いでしょう。

WEEK(百戦錬磨)の概要

WEEK(百戦錬磨)の概要について、LPをチェックしていきます。

怪しいポイントも合わせて紹介しますので、ぜひご覧ください。

まずWEEK(百戦錬磨)については、国認定の稼ぎ方という紹介があります。しかし実際のところはどうでしょうか。。

競馬予想ツールのようなものを国が公認しているというのは、とても違和感のある話です。そもそも「国公認の稼ぎ方」というのは表現として変ですよね。詐欺や犯罪以外であれば全ての働き方、稼ぎ方が認められているはずです。わざわざアピールする必要はなく、運営は「真っ当なサービスですよ」と強調したいがためにこのようなフレーズを使用しているのでしょう。

「たくさんの実績と大きな市場、確かな仕組みがあります」とも表記されていますが、具体的にどのくらい実績があり、どのような仕組みなのかが不明です。曖昧な表現はただの誇大広告である可能性も高く、信頼する根拠としては意味をなしていません。

LPには上記のような案内もありました。

天気予報が過去50年以上のデータにより的中率80%以上となっているのはまだ分かります。しかし、競馬などギャンブルの的中率とはまったくの別物と言えるでしょう。

数十年にも及ぶ競馬データを集めたとして、競馬の勝敗を予想することができるとは限りません。もし仮にそのような方法があれば、運営側でデータを独占使用した方がよっぽど儲かりますよね。

不特定多数にわざわざ公開するメリットがないため、「データで競馬予想できる」というのは何か裏の目的を達成するための口実にすぎません。

実際に稼げているような口コミも掲載されていますが、運営が勝手に作成してものである可能性が高いでしょう。いくらでも偽装できるような内容なので、信頼する根拠にはなり得ません。

特商法の表記には有料であることを示す記載がある

WEEK(百戦錬磨)には特商法の表記が用意されていました。

特定商取引法は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。引用:特定商取引法ガイド

記載されている内容自体に不備はなさそうですが、電話番号の記載がありません。やむを得ない事情がある場合はメールアドレスでの代用が認められていますが、一般的には電話番号を用意しておくべきでしょう。

さらに気になるのは「商品引渡し方法」に記載されている「決済後のページにてお渡し」という内容です。決済があるということは、サービスが有料のものであるということです。そしてその金額についてはLPに記載されていません。金額などは事前公開しておくのが一般的ですが、何か隠している理由でもあるのでしょうか。

ちなみにLPでは上記画像の通り、無料で利用できるような案内がありました。

無料と謳っておきながら、実際は有料となっているようです。

また「本商品に示された表現や再現性には個人差があり」という記載も気になります。

これでは稼ぐことができなかった際に「個人差があるので」ということで言い訳ができてしまいます。

当然稼ぐことのできないサービスである可能性が高いため、保険としてこのような記載をしているのでしょう。

合同会社Holicはどのような運営?

特商法の表記に記載されている、「合同会社Holic」について調査してみました。

まず所在地について確認してみると、下記のマンションとなっています。

CasaYNanbaというマンションであり、間取りは1R・ワンルームといった感じです。

つまり合同会社Holicはこの中で運営されているということ。競馬予想ツールで本当に稼げるのであれば、もう少しまともなビルやオフィスに所在していてもおかしくありません。

「たいして儲かっていない」「すぐに住所を変更できるように借りているだけのマンション」といったことが想定されますね。

合同会社Holichは2020年に設立され、2年もたたないうちに住所を変更しています。あくまで可能性ですが、住所を変更せざるをえない事情があるのかもしれません。

どちらにせよこのような運営状態の企業を信頼することはできないでしょう。

プライバシーポリシーはない

WEEK(百戦錬磨)では、プライバシーポリシーの記載がありません。

「プライバシーポリシー」とは、個人情報について、その収集や活用、管理、保護などに関する取り扱いの方針を明文化したものをいいます。すべてのウェブサイトに必要なものではありませんが、個人情報を収集するサイトの場合は、プライバシーポリシーの制定と明記が必要とされています。引用:日本広報協会Q&A

LINE上の案内では、個人名や電話番号などの個人情報を入力する項目がありました。個人情報を収集しているにも関わらずプライバシーポリシーの用意がないのはかなり危険です。電話番号などは他の悪徳業者にリストとして流出する恐れもあるため、安易に教えないようにしましょう。

WEEK(百戦錬磨)におけるLINEでの案内

WEEK(百戦錬磨)が悪質なサービスであることは明らかですが、LINEに登録するとどのような案内があるのかも気になるところです。

まず登録するアカウントはこちら。

「百戦錬磨」という名前の公式LINEで、WEEKの画像があります。

登録後には、次のような案内が届きました。

3日間に渡ってサービス説明があるとのこと。

これは明らかにプロダクトローンチですね。

プロダクトローンチは商品を販売する前に見込み客を集めておき、その見込み客に対して少しずつサービス内容を明かしていくビジネス手法です。購買意欲が高まったタイミングで高額なバックエンド商材へ勧誘してくる可能性が高いでしょう。

今回はLPの特商法の表記から有料サービスであることが分かっているため、くれぐれも誘いにならないようにご注意ください。

LPにある上記画像をタップすると、次のような申し込みフォームに繋がります。

フォームの入力項目は、下記の通りでした。

  • メールアドレス
  • お名前(ペンネーム)
  • 年齢
  • 電話番号
  • 都道府県
  • 競馬経験の有無
  • 最高払い戻し額
  • 月間利用軍資金額
  • 月間希望獲得金額
  • ご質問

明らかに悪質なサービスとなっているため、これ以上先に進むのは危険と判断しました。

特に電話番号は悪用されるリスクが高いため、入力は控えておきましょう。

WEEK(百戦錬磨)の口コミ・評判

WEEK(百戦錬磨)では、下記のような悪い口コミ・評判ばかりが目立ちます。

  • 誇大広告を使用した宣伝が怪しい
  • 運営会社の実態が不明瞭
  • 高額システムへ勧誘されるリスクがある

「本当に稼げる」「おすすめのサービス」などといった評判は一つも見受けられません。実際に使用している人がいて儲かっているのであれば良い口コミもあるはずです。まったくないということは、誰も稼げていないということを示しているでしょう。

まとめ

繰り返しですが、WEEK(百戦錬磨)で稼ぐのは難しそうです。

それだけではなく高額な費用を請求される恐れがあるため、十分にご注意ください。

根拠としては、下記の通りです。

  • 誇大広告が多い
  • LPに不審な点が多い
  • 運営会社が怪しい
  • 口コミや評判が良くない

プロダクトローンチを用いた詐欺のようなサービスは数多く存在しており、WEEK(百戦錬磨)もその一つである可能性が高いでしょう。今回はサービスの最後まで調査することはできませんでしたが、十分に怪しいサービスであることが判明しました。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

最後になりますが、もし「副業を始めたい」「副業で稼ぎたい」と考えていましたらぜひLINEで友達追加をしてみてください!

副業に関する情報を随時配信していますので、流し見程度でも構いませんし、悩みや相談がありましたら気軽にメッセージを送っていただいても構いません。

もちろん料金は一切かかりませんのでご安心くださいね!

それでは期待してお待ちしています!

また次の記事でお会いしましょう。

副業
元金欠保育士の副業まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました