米澤蓮提供のアドバンス(ADVANCE):投資詐欺疑惑のあるトレードシステムの実力は?口コミと評判を徹底調査!

副業

今回調査した米澤蓮が提供する投資システム「アドバンス(ADVANCE)」について、結論から言うと稼げません。

さらに、金銭トラブルに巻き込まれるリスクがあります。その理由を概要、詳細、まとめの3点で整理しましたので、ぜひご覧ください。

今回はその背景にある理由をまとめてみました!

アドバンス(ADVANCE)

アドバンス(ADVANCE)とは、自称「国が認めた完全トレードシステム」で、次世代の人工知能X-AIを搭載していると謳っています。

このシステムはスマートフォンからのワンタップで自動稼働し、驚くべき月利44%と一取引で最大63倍の利益を実現すると主張しています。

また、最低投資額は100円から始められ、毎週月曜に利益が振り込まれるとされています。

しかし、アドバンスについての詳細説明が一切なく、具体的なシステムの動作原理や投資の種類についての説明が欠けています。

加えて、月利44%という非常に高い利回りをうたっている点は疑問を呼びます。

通常、自動取引ツールでこのような高利回りを保証することは現実的ではなく、10%以上の月利を謳う投資案件は詐欺である可能性が高いとされています。

さらに、これらの利益やシステムの性能を証明する資料や実績の提示もありません。

そのため、アドバンス(ADVANCE)の信憑性や安全性については大いに疑問が残ります。 このような不透明な点が多いため、投資を考える際は慎重な検討が必要です。

プロダクトローンチと言う販売手法が使用されている!

まず、アドバンス(ADVANCE)が提供するトレードシステムは無料で利用できるとされていますが、これは誤解を招く表現です。

実際には、この無料提供の主目的は、後にシステムの販売へと繋げるためです。

この販売戦略は「プロダクトローンチ」と呼ばれる手法を用いています。 この手法では、顧客の購買意欲を高めるために情報を段階的に公開し、最終的には製品を販売します。

たとえば、3つの動画を通じて徐々に情報を解禁し、それにより顧客が次第に興味を持ち、結果的に高い成約率を目指します。

したがって、アドバンス(ADVANCE)のシステムが無料であると聞いても、最終的には何らかの形で費用が発生することを前提にしてください。

このような戦略は、顧客を引き付けて購入へと導くために設計されています。

特商法に疑問点あり!

特定商取引法(特商法)は、消費者が不正や詐欺に巻き込まれるのを防ぐための法律です。これには、訪問販売や通信販売など、トラブルが発生しやすい取引形態に対して、事業者が遵守すべきルールや消費者の権利が明記されています。これにはクーリング・オフの規定も含まれており、特商法の表記を確認することは消費者にとって非常に重要です。
一方で、特商法の規定を無視し、必要な情報を記載していない事業者や、事実と異なる内容を記載している事業者は、法的な処分の対象になります。

アドバンス(ADVANCE)に関して特商法の表記を調べてみたところ、会社概要のみが記載されており、商品や取引に関する重要な情報の記載が見当たりません。

これは、提供されているものが「無料」であるため、現段階で表記されていない可能性がありますが、重要な表記が欠けている場合は注意が必要です。

株式会社ONEは実在するのか?

アドバンス(ADVANCE)を提供する株式会社ONEの存在を国税庁の法人公表サイトで調査しました。

全国には同名の会社が複数存在するものの、「東京都港区芝3丁目6-10 芝NAビル6F」にあるはずの株式会社ONEについては記録が見当たりません。

これはアドバンス(ADVANCE)を提供する会社が存在しないことを示しており、取引する際のリスクが非常に高いことを意味します。

米澤蓮の情報が確認できない!



米澤蓮さんが開発したとされるアドバンス(ADVANCE)について調べましたが、彼の経歴や関連情報は一切見つかりませんでした。

金融系プログラム開発者として有名なはずですが、一切の情報がないのは疑問です。 開発者情報が不明なトレードシステムの信用性には大きな疑問符が付きます。

アドバンス(ADVANCE)と言う怪しい副業案件が多い

アドバンス(ADVANCE)のトレードシステムに関する口コミや評判を調査しましたが、「稼げた」といった肯定的な口コミは一切見つかりませんでした。

さらに調査すると、「アドバンス(ADVANCE)」という名前が使用されるいくつかの疑わしい副業詐欺案件も存在していることが判明しました。

この情報の混同は、恐らく業者が意図的に同じ案件名を使用して検索結果を混乱させるための戦略かもしれません。 このような背景を鑑みると、アドバンス(ADVANCE)の信頼性には疑問が残ります。  

最後にまとめ

米澤蓮が提供するアドバンス(ADVANCE)についての調査結果をまとめます。検証の結果、以下の疑問点が浮上しました。

  1. 詳細な説明が事前に提供されていない。
  2. 実績の提示がない。
  3. 特定商取引法に関する記載が不完全。
  4. アドバンス(ADVANCE)を提供する株式会社ONEは存在しない。
  5. 開発者である米澤蓮の情報が確認できない。

これらの点から、アドバンス(ADVANCE)の信頼性には大きな疑問があります。

登録後にはトレードシステムの販売や利用料の請求が想定されるため、注意が必要です。

自動売買ツールを利用する際は資金を失うリスクが高いため、このシステムの利用はお勧めしません。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

最後になりますが、もし「副業を始めたい」「副業で稼ぎたい」と考えていましたらぜひLINEで友達追加をしてみてください!

副業に関する情報を随時配信していますので、流し見程度でも構いませんし、悩みや相談がありましたら気軽にメッセージを送っていただいても構いません。

もちろん料金は一切かかりませんのでご安心くださいね!

それでは期待してお待ちしています!

また次の記事でお会いしましょう。

副業
元金欠保育士の副業まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました